鼻の毛穴をなくすことはできる?わたしがたどり着いたスキンケアの答え

鼻の毛穴をなくすことはできる?わたしがたどり着いたスキンケアの答え

パーソナルカラー診断/骨格診断を用いたファッションコンサルタントのみちした ゆきです。

わたしにとって最大の肌の悩み、それは鼻の毛穴の開き・黒ずみ(角栓)です。年齢のわりには肌がきれいと褒められますが、鼻の毛穴だけは満足なレベルに改善できていません。今回は、わたしのこれまでの失敗歴といま取り組んでいることを紹介します!

毛穴との戦いのはじまり

そもそもなぜ毛穴の開き・黒ずみができてしまったのか。わたしが推測している原因は2つあります。

・幼い頃からの日焼け

・毛穴シートパックの濫用

毎年、夏になると真っ黒に日焼けして皮がむけていました。コギャル世代なので、中高生になっても日焼け止めには無頓着なまま。(日焼けサロンでは一応、顔を焼かないようにしてファンデの色を濃いめにしていましたが。。。)日焼けにより肌の乾燥が進んでいたことが想像できます。

そして、わたしが小中学生の頃に大流行した毛穴パック。汚れがとれるのが快感で正しい用法を守らず、ほぼ毎日使っていた時期がありました。ある日、べりっとはがすと毛穴から血が。。。それ以来、そのタイプのパックは使っていません。しかし、毛穴はぱっくり開いて黒ずみが気になるようになってしまいました。

それから、目についた「毛穴対策」を片っ端から試す日々が始まりました。

成果が出なかった対処法(わたしの場合)

・毛穴汚れを押し出す先が円になったピック
・泥パック
・毛穴汚れを吸引するエステ器具
・蒸しタオルで毛穴を開いてから、クレンジングオイル/乳液でマッサージ
・スクラブ洗顔
・洗顔ブラシ
・セーム革の洗顔クロス
・酵素洗顔
・洗顔後に鼻の周りを冷やす
・馬油洗顔(化粧ノリはよくなった)
・「毛穴ケア」と名のつくクレンジング/洗顔料/スキンケア全般

もちろん、上記の対策が効果的な方もいらっしゃると思います。しかし、わたしの頑固な毛穴には効果がみられませんでした。(個人の感想です。)

今までのケアの間違いに気づく

 

巷にあふれる「毛穴の黒ずみ・角栓対策」がどうしてわたしには効かないんだろう。今まで見落としていたことがあるのかな?


Photo by Emiliano Vittoriosi on Unsplash

20年近く悩みを解消できないわたし。ググってみた中でわたしが採用したことのない対策があることに気がつきました。

お肌の一番外側で皮脂膜が油の保護膜を張って、お肌の水分蒸発を防いでいます。もし、この状態から、皮脂膜を失くしてしまったら、お肌に蓄えられている水分が蒸発して、乾燥してしまいますよね?お肌が乾燥すると、お肌は当然キュッと縮みます!そして、お肌が縮んだ時に、毛穴は引っ張られて開いてしまう訳です。 毛穴の開きの本当の原因って、お肌の乾燥だったんですね

【医師監修】毛穴の開きの原因と対策&改善法

今までわたしは「汚れをとること」にばかり必死になっていました。でもそれは間違いだとこれまでの効かない対策が物語っています。

そもそも毛穴は排出器官で、無理に汚れをとろうとしなくても自然に排出されます。汚れをとろうとする対策は、毛穴を痛めつけ続けることになっていたのかもしれません。先に取り組むべきは「保湿によって毛穴の状態を改善させること」でした。

 汚れをとる → 毛穴が小さくなる → 毛穴が目立たなくなる
 保湿する → 毛穴の状態が改善する → 自然な汚れの排出と共に毛穴が目立たなくなる

いまの取り組み

毛穴への「北風対策」から「太陽対策」へ
・保湿
・ファンデーションを使用しない

このことに気がついてから、無理やり毛穴の汚れをとる「北風対策」をやめて、優しくケアする「太陽対策」に変更しました。きちんと鼻にも保湿クリームを塗り、毛穴の回復を待っています。また、ファンデーションの使用をやめたことで肌が乾燥しにくくなりました。毛穴に入り込む汚れの量も減っているとうれしいな。洗顔後の状態は以前よりもよくなっていると感じています。

特効薬といえるやり方ではなく穏やかな改善を待つという方法ですが、毛穴にお悩みのみなさんのご参考にしていただけたら幸いです。 劇的に変化はしていなけど、気長に改善を待ちたいと思います!

毛穴が気になってるのにノーファンデ?そんなことできない!と思われた方はぜひこちらの記事もあわせてご覧ください!

ずぼらアラフォーの美容術カテゴリの最新記事